コイカツでビジュアルノベルを作ろう!(VN Game engine + Scene Save State 利用マニュアル)

導入することで、コイカツスタジオでビジュアルノベルを作ることができるVN Game engine と Scene Save Stateの使い方を簡単にまとめた記事です。

当サイトVN Game engine + Scene Save State紹介記事

管理人が制作した超雑なサンプルはこちら

 

このmodは多機能なだけに使い方がそれなりに複雑です。その上UIも英語だし配布先も英語サイトのため、導入はしてみたものの何をすればいいかわからない。そんな方も多いかと思いますので、是非こちらの記事に目を通して、コイカツスタジオでビジュアルノベルシーンを作成してみてください。

 

VN Game engineとScene Save Stateの操作方法

VN Game engine

  • ctrl+F8:VN Game engine操作ウインドウの表示・非表示
  • ctrl+F3:操作ウインドウの初期画面に戻る
  • F8:VN Game engineで制作されたシーンの再生

Scene Save State

  • ALL games listutilitiesScene Save Stateの順にクリック:Scene Save State操作ウインドウ表示
  • Alt+A:カメラの追加
  • Shift+A:シーンの追加
  • Alt+S:シーンのセーブ

ショートカットキーはAdvancedタブから変更が可能です。

 

ビジュアルノベルの作成手順

Scene Save Stateでのビジュアルノベルの作成は、基本的に以下の4手順を繰り返すことで作成します。

  1. 基準となるシーンデータを作成する
  2. 作成したシーンデータで文字送りのできるカメラ+メッセージウインドウ(カット)を作成する
  3. キャラクターを動かしたり、シーンに変化をつける
  4. シーンを保存してカットを作成する

この詳細は、以下の通り

  1. trackingタブをクリック
  2. シーンデータ内に存在する、ビジュアルノベル内で変化をつけたいキャラクター、アイテムをワークスペースで選択して、add selectedボタンをクリックしトラッキング登録する

 

  1. editタブをクリック
  2. カットを保存したいシーンデータが完成したら、Add scene(auto)ボタンをクリックしてSceneを追加
  3. use cam in Visual Novelをクリックしてチェックを入れる
  4. who sayにキャラクター名、what sayにメッセージウインドウに表示させる文字を入力する
  5. updateをクリックして保存する
  6. 同じSceneで新しいカットを作成したい場合、addボタンを押してcamを追加し、以下繰り返し。

 

  1. キャラクターやアイテムを変更した新しいSceneを追加したい場合は、Add scene(auto)ボタンをクリックしてSceneを追加する。以下繰り返し。

 

  1. 完成したら、load/saveタブをクリック
  2. Save scene dataボタンをクリックしてワークスペースにScene Save Stateで作成したデータを保存
  3. Export scene  and cams to VNSceneScriptをクリックしてワークスペースに再生用の動作データを保存
  4. コイカツスタジオシーンの通常保存

 

tips

  1. メッセージウインドウ用の文章を打ち込む際、\nと入力すると改行することができる。
  2. 改行は何回でもできるが、利用者の解像度次第でウインドウが見切れてしまうため、メッセージは2行までにしておくのが無難?
  3. テストプレイをする場合は保存をした後、同じくload/saveタブにある、 or run VNSceneScript from beginningボタンをクリックする
  4. ウインドウ左上の、-ボタンをクリックでウインドウを最小化できる

 

選択肢の作り方

adv VN cmds欄に、 addbtn:(選択肢の文字):(ジャンプするシーンの指定) と入力することで選択肢を作ることができます。

  • (選択肢の文字):「好き」「嫌い」など、選択肢に表示する文字の設定
  • (ジャンプするシーンの指定):最初に入れる数字にシーンの番号、その次に入れる数字にカメラの番号を設定する

※例えば画像に入れている104の場合、Scene1のcam4にジャンプ、という指定になっています。

 

疑似リップシンクの設定方法

  • キャラクターをクリックして、グループを展開
  • 髪の一番上を展開して、-actor:〇〇をクリック

  • animをクリックして、-actor:〇〇:(表示させたい文字色のカラーコード):(表示させたい名前)の順にフォルダ名を変更する

  • セーブをしてからVN game engineのメインウインドウを表示して、all games list→VN scene script editor-viewer→developer utils→add headers→addext ‘flipsync’ and initの順にクリックする

以上で疑似リップシンクの設定は終了です。

Scene Save State起動して、who sayの項目をact0に変更して(act○○がキャラIDになっています)シーンの保存をしてからテストプレイをしてみてください。

また、リップシンクの設定をしないとしてもキャラ名の表示名だけでも変更しておくと、who sayの入力が楽になるためシーンの作り始めにこれの設定をしておくことをおすすめします。

 

Scene Utilsタブの機能紹介

Manipulate Selected Chars/it

選択したキャラやアイテムの位置や大きさ、角度(回転)をボタンで操作することのできる機能。視覚的に数値を微調整するのに便利です。

 

Change Chara Body

選択したキャラクターの、キャラエディットと同じ数値を増減することのできる機能。

スタジオでキャラの身長や頭・胸・体のサイズなどを変更することができるので、微調整でキャラクリ画面に移動しなくて済んで便利です。。

 

Scene Save Stateと一緒に使うとおすすめなmod

スタジオ内にアイテムとして文字を入れることのできるmod。Scene Save Stateでは表示、非表示しかトラッキングができませんが、上手く利用することで漫画のようなシーンを作成することができるかと思います。

 

一つの部位に複数のオブジェクトを親子付けしたり、間にアイテムを挟むことでキャラクターの手と手をつないだりすることもできるmod。ルート機能と組み合わせることで、シーン作成に色々と幅の広がるmodかと思います。

 

これを導入すると色々とできることが増える便利modなのですが、Scene Save State的にはなんと言ってもUIをスペースキーで非表示にできる機能が最高です。

これを使えばシーンの再生時に邪魔なUIを消して、本当にビジュアルノベル感覚で再生することができます。

 

元はエッチシーンで表情を操作するmodだが、スタジオでの表情操作用UIとしても利用できる。管理人的にはデフォルトのUIより使いやすいので重宝しています。

 

IKの操作をしやすくしてくれるmod。特にコイカツでは変更のしにくい、首の角度などを変更することができるため、ポーズの詳細を決める際におすすめです。


一言感想ボタン

面白かった!(1)完成度高い!(1)実用性高い!(10)

コメント

コイカツ勝手にアップローダー
タイトルとURLをコピーしました